01
1
2
3
4
5
8
12
13
15
16
18
23
25
26
28
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世間話



ある人に「新しい世間話は無いか?」と催促されました 新しいかどうか分かりませんが


先日お亡くなりになった給湯器さま。 私の留守の間に(年末に)セールスを呼んで話を聞いていたらしい。
今ならサービスで床暖房一箇所つけます! ガス料金もエコ給湯なら割引、 補助金もあります。

息子、喜んで、工事費只なら自分の部屋に床暖房! いざ、見積もり!!。 その日に妻が緊急入院、見積もりは延期。 その翌日私が田舎から帰って来たわけですが 



先日改めて見積もりに来て頂きました、 話を良く聞くと、床暖房は浴室の出口か流し台の前の小さなところ!
え~そうなの!!と心で思いましたが流石にだれも声には出しませんでしたが
確かに一部屋とは言って無い、で、設置先が浴室の出口、幅40cmの長さ70cm!
まあ、ガス代が安くなれば良いか~、 後は補助金!、、、
たった是だけで補助金がでるの? 半信半疑でPCから申し込み、 あれ??、、、、申請者多数で締め切りました!、ギョ!ギョ!ぎょう~補助金無しかい~ 
補助金があれば少しは安くなると思ってたのに、、、歌にありましたね「綺麗な花には棘がある、綺麗な男にゃ裏がある」って
毎晩、高い風呂だな~と溜息を尽きながら入る風呂、、 ああ今夜も、、、

そんな甘い話は無い! 皆さんも旨い話には気を付けましょう。



スポンサーサイト

やっと!

午後7:15分、やっと工事が終わりました。 


いつまでもベランダに繋ぎやがって~ のどが渇いてたまらんわい~


こんな物を取り付けてかえりました。 

今日はヒモ付き



いつもは室内で過ごす猫達ですが 今日はベランダに強制退去 


先日蒔いた猫の草 不ぞろいです、まだやるには早いですね、 あと何日で食わせる程度に伸びるかな?

何処へ逝くの? 置いて逝かないで~

先日から調子の良く無かった方がお亡くなりになりました。
この家に越してきて以来ずっと一緒だった 暑い時も寒い時も何時も傍で支えてくれた。
これまでの日々はすぐに忘れてしまうだろうが許してください 私にも今後の生活で後ろばかり振り返って居られないから、、、
今日はお別れの日 
またきっと蘇えり誰かの役に立つような者になって欲しいと願う
9時には業者さんが来て諸々の作業に取り掛かる それまでに少しでも綺麗にしてあげよう 感謝の気持ちと冥福を祈って 

今度来る子は色白の別嬪さん しっかり働けよ!エコキュート!!

今日も仲良し

お気に入りの箱の中で 


いま寝てんだよ邪魔すんじゃねえ~ 


家内の命名 大阪に住んでトラとくりゃ~判るだろうなあ~ 



今年もまた

富山から遙々とやって来たどんぐりとまっくろくろすけ。 


取引の度に送ってくるオマケ
トトロ好きの若妻もいつの間にか年を重ね 今ではお子さんも小学2年か3年生になったはず
6~7年前何の豆だろうと植えて見たのが付き合いの始まりでした。




TOP

  いらっしゃいませ   ご訪問ありがとうございます   何も無いブログですがごゆっくりどうぞ   足跡なりと残して頂ければ嬉しいです   コメントを残して頂いた処へは   後日訪問させて頂きます。      



にゃ~

狸猫だ!熊猫だ!と騒がしいので対抗して一枚



名前はシロ 何処が!?と突っ込みは無しで 生まれて半年までは純白だったんだぁ~ 文句は名付け親に言ってくれえ~



春を待つ少女のように



出来の悪い子、良い子など様々な子が出来ますがこの子達は?


左下は昨年発芽した物の花芽、右下は一昨年発芽した苗の花芽 上は前々から咲いている花芽 


下の二つは一昨年の発芽、花芽の太さは蕾の数に影響します 小さな芽には少しの蕾しか出来ない。上のも同じ2007年の種蒔き2008年の発芽、三年目の初蕾だったと思います。 
春よ来い早く来いと春を待つ少女の気持ち、、テヘへ、、


TOP

猫の草


[音量修正[初音ミク]子猫のパヤパヤ[挿絵つき]]


ふらふらと訪問した先に家の猫とそっくりなふてぶてしい猫が居たのでこの記事を書く気になりました。ま、猿真似ですな。 


材料、肥料(こんな物に新品は使わない)、草の種、(結構高い!)、ポット(100均で買う) 


腐葉土。家の後ろで出来た物、針葉樹の葉だから余りよくないけど、、 


配合した土を入れ肥料を蒔く 


種をどっさりと蒔くんだな、これが ウジムシだのミミズだのと言わないように 


覆土して水を遣って暗い処へ置く、3~5日で芽を出すと書いてあるけど、、、当然訪問先の猫よりも家の猫の方が断然かわいいと思うけど写真はまたいつの日にか!?




とり?


この世の中を斜に睨んだ酉はなに?
turkeyさん♂2才。

試験2

画像は削除しました

雪割草受難

今朝は寒かったですね~ 今年一番の冷え込みでした、起きて庭に出てみれば凍結、 今日もコタツ猫かな?  


ポットの中も霜柱が立っていました 寒さには強い雪割草ですが凍結には弱い 此れは種蒔き三年目の苗、二本に蕾が付きました。 


昨年種蒔きしたポット もうすでに土の中では根が伸びだして 春の発芽を待っている筈ですがこの凍結で枯死しないか心配です 


蕾の着いているポットも霜柱 開きかけた蕾も寒さで縮みそうです 


一昨年種蒔き、昨春の発芽苗 表面の覆ったコケで霜柱は見えませんが 地下はやっぱり凍っているでしょうね、 昨年は色々と在り世話を疎かにしていたので 種蒔き後二年での開花苗は僅か2~3本しか蕾が着きません 

皆様も風邪などお召しになりませぬように 今日も一日健やかにお過ごし下さい。


さくら~さくら 霜月の空は~

田舎者はセッカチ(何で?) 一足早い秋をお届け(??)

咲いていますね~ 桜 もうそろそろ秋かな???




一枚のはがき

うら若き麗人から(多分)年賀状が届いていた わざわざ信州まで旅して晒し物になった私のと違って綺麗な手書き


木次の麗人は今日もハウスで頑張っているんでしょうかね 早くPCが直ればよいのに、、、暫くPCの無かった私にはその辛さが良く分ります。


おかげさまで

昨日 妻が無事退院しました。

皆様にはご心配や励ましのお言葉を頂き  ありがとうございました。

此処で報告させて頂きます。



雪割草

まだ時期も早く昨年と同じ花ばかりですが開いた花です。


二段咲き 今年は今一です。  
オシベの無い花 妖精咲きかな 二段咲きかな 


青軸  

安いハチミツの秘密




皆さんはハチミツはお好きですか? 今は真冬でひっそりと冬越し中の西洋蜜蜂の巣箱 


こちらは昔からの日本蜜蜂の巣箱ですね

ハチミツは目が飛び出る程高い1,8L10数万円、ビックリするほど安いハチミツ1,8L1000~1500円程度がありますが、この安いハチミツが曲者なんですね。ハチミツとは何か? 蜜蜂が花や樹木などの甘い汁を集めて唾液など分泌物を混ぜ合わせ醗酵させた物なんですね。

「樹木などの甘い汁」、こう書いた処が今回の記事のツボです、 今の技術(?)では蜜蜂が一度も巣箱から飛び出さなくてもハチミツを作り出す事が出来ます、梅雨時期の雨降り、花の無い季節でもハチミツは取れます、 どうするか??実は餌として水あめを水で薄めた物、砂糖を水で溶かした物を与えます、するとミツバチはセッセとそれを巣穴に溜め込みます、巣穴一杯に溜め込んだ処を遠心分離機を使い採蜜すると「花の蜜でない「ハチミツ」が採取出来ます。
そのような安いハチミツを食べ続けた人たちは「それがハチミツの味だ」と信じ花の蜜は違う物だと感じる人たちも居るようです、実は私も味は分らないと思います、自家のハチミツしか食べた事が無いのです。味音痴でもあるのですが、、、
皆さんはどちらでしょう? 味に厳しい人か、味音痴のひとか??
私の実家がそんなハチミツを製造してる訳ではありませんよ!念の為



不思議な屍骸



帰郷の際、5~6年前の話になりますが興味深い話を聞きました 写真とは関係の無い話ですが、、、

私の甥は町の雇用対策の仕事に就き山仕事に従事して居た際、奉仕活動の一環として海岸の清掃を命じられた、海岸のゴミを集めていると見慣れぬ動物の屍骸があった、 仲間内のだれに見せても正体が分らない、必死で私の兄を探したが見つからず、仕方なく役場へ連絡、職員が飛んで来たと言う、その職員も動物の正体が分る筈もなく持ち帰って調べると言いその屍骸を持ち帰った。
後日、甥に「あれはハクビシンだった」と報告があった。
「足に水かきの付いたハクビシンが居るかあ~ハクビシン位おれでも知ってるわあ~」と甥は声を荒げる
ここから私の偏見と独断、妬みが入ります。悪しからず。

若い者ばかりでなく年を取った人たちも知らない動物 それは「ずっと前から絶滅した」、とされて来た日本かわうそではなかったのだろうか? 日本かわうその絶滅の原因の多くは漁師の網、定置網や流し網などで多くの動物が捕らえられその固体を減らし人々の目から消えていった、 
佐渡のトキや岡山だっけ?コウノトリは日本だけの生き物では無い、外国にも棲育しDNAはおそらく同じだろうと思う だが日本かわうそは名の通り日本だけの生き物である。
なぜ日本かわうそはトキやコウノトリのように保護されなかったのか?日本かわうそはトキやコウノトリのように貴重ではなかったのか??
先ほどの話の通り日本かわうその棲家は海が主である、其処を保護して漁を出来なくすれば漁師の猛反発があるだろう、何の利害も無いトキやコウノトリに比べ、利害関係の多い日本かわうそは絶滅の道に追い込まれた。
私の故郷の海、宇和海は昔から日本かわうその生息地とされていた、僅か一握りではあるが「まだ日本かわうそは生息して居る」と信じている人も居る。
今からでも一帯を全面禁漁区とし漁師を排除して保護に努めれば、いつかひょっこりとあの可愛い顔が姿を見せるのではないかと思いを馳せる。
水かきのある動物を野生化した害獣ハクビシンと報告してくる役場=県、国である、如何に漁師を優遇しているかが分ります、その害獣を保護動物にしたというわが県、害獣も貴重動物も区別が付かないのには泣けて来ます。
その正体不明の動物の写真は?との問いに甥は、兄を探すのに必死で忘れていたと言う、他の者は興味もなく写していなかったと言い、全ては想像の世界になりました、私の独断と偏見の世界です。 漁師の皆さんには不快な思いをさせたと思いますが悪しからず。

獅子追い

つい数日前、わが一族(?)の土地へ向かう途中、一頭の若い雌鹿が倒れていた、腹は狸か狐かに食い破られ内臓が剥き出し、腸内には大量の餌、草や木の葉が詰まっていた。 
私はそれを道の横に寄せ、作業場へと向かい昼食を取りに帰ってくるとまだそのまま横たわっている、横目に見ながら帰って行くと後を追ってきた兄と出合った、話をすると食おう!と話が纏り鹿の屍骸へと近づく、病気ではなく猟師に鉄砲で撃たれたようだと言い、近くの川へ投げ込んだ?? 
そのまま昼食に帰り午後包丁や入れ物を用意して再度赴く、、、だが解体作業は夕方だと言った???猟師に見つかるとマズイ!と言う。 
確かに我々一般人には山の獣(たとえ屍骸でも)を捕まえて食すると違反となるが、、、???夕方作業を終えて帰って来ると猟師が来ていたのである、だが鹿の屍骸からは120~130M以上離れていたので 彼は気が付かなかった事だろう 


私が書きたいのはこれからである、田舎には不思議な猟師の約束事があるらしい、 先ずは猪、これは最初に発砲(だったかな?)弾を当てた猟師が全ての占有権が発生するという、急所を外れた猪が逃げ、隣の山で別のグループの猟師に仕留められても先に弾を当てた猟師の物だと言うのだ
鹿は?、、、最初に見つけた猟師に占有権があると言う。これも見つけた猟師は一発も発砲しなくても誰かが仕留めればその最初の猟師の物だと言う。昔は今のように鹿も多くなく滅多にあう事が無かったのでこんな掟が通用したのである。それが現在もなお続いている
我々3人は鹿を諦めそ知らぬ顔で家路に着いた、 多分、川に投げ込んだ鹿は誰にも発見されないことだろう それを祈って、、、。

残念ながらPCとは無縁の田舎の作業中の事である、写真を写す事が出来ませんでした。

ブログ始めました。


ブログを再開します。 何日続くか分りませんが 変わり果てた田舎の事を書いてみようと思います 独断と偏見と妬み満載の呆れたブログになると思いますがコメントなど頂ければ幸いかと思います どうぞ宜しく。 
始めての投稿がこれかい?と、いわれそうだな! 


兄の家から僅か10m、 田舎の山間の畑では今や必須の防護ネット 増えすぎた猪や鹿の被害から野菜を守る為に こんなネットを設置しないと食われてしまいます。 


早い菜の花は咲きだしています 「アスパラ菜」と言うらしい、、、 家から5~6m、ネットなしでは食われてしまいました。

長く留守にして居た私のボロ家は赤の他人が住んでいました、、、、トホホ~ 私は宿無し、兄や姉の家へ居候です。


プロフィール

としちゃん

Author:としちゃん
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

カウンター

最新記事

最新コメント

アルバム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。