07
1
2
3
4
9
12
13
14
15
17
19
20
25
26
27
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウラギンシジミ♂


 
葛の葉上で警戒態勢のウラギンシジミ
 

 
垣間見える紅い色は♂の色
残念な事に全部広げてくれません
 
 
スポンサーサイト

コチドリの雛その二 親子


 
前回、その一で私の目の前から逃げ出したヒナ
親の元へ駆けつけました。
 

 
さ、こっち、行くわよ(母親?)
まって~置いてかないでよぉ~
まだあのおっさん見てるでしょ、さっさと逃げるの
 

 
つかれたぁ~
しょうがないわね、少しだけ休みな
、、、、、、、
 
何時も近くにいて雛の様子を見守っています
親の姿と鳴き声で雛を見つける事が出来ました
地面に伏せたのも近付くと逃げ出したのも親からの指示だったのかも
 
暫くこうして居ましたが近付くと向こうへ行ったので
それ以上は諦めました。
 
 

コチドリの雛 その一


小さくて見えませんね
鳥綱チドリ目チドリ科、雌雄同色
 

 
追いかけていたら地面に伏せて隠れたようですね
ちょっと見たところ地面に同化して知らずにいたら見つけるのは困難でしょうね
 

 
僅か2mまで近寄れました
まだ逃げません
 

 
流石にそれ以上はダメだったのか逃げ出してしまいました。
 
以下次回
 

クサギ


 
 
クサギは日当たりのよい原野などによく見られるクマツヅラ科の落葉小高木
葉に悪臭がある事からこの名がある。日本全国のほか朝鮮、中国に分布する。
 

 
あれ?おしべが一本足りない??
垂れ下がったメシベ一本に上向きのオシベが四本が普通ですが??
 

 
クサギはもっと紫色のイメージがあったのですが
この花は白いですね
園芸用のボタンクサギはずっと紫色ですね。
 
春の若い芽は山菜として食べられます
 
 
 

キアゲハ


 
ラッキーな事は続くのかな?
此れも何度も追い求めていたキアゲハ
ナガサキアゲハと同じ今日、撮る事が出来ました
 
名前の通り全体が黄色っぽい
 

 
まだ勉強不足です
♂か♀かわかりません
 
 

 
オマケの写真はチョウトンボ
行けば毎日見る事が出来ますが何時も遠い処で飛んでいます
中々綺麗に撮れない、、、
 
 

ナガサキアゲハ♂


 
キアゲハ、黒系アゲハを狙っていたのですが収穫が無く
諦めて帰り道
ヤブガラシの蜜を吸っている黒系のアゲハに遭いました
 

 
撮っている時には気が付きませんでしたが
後翅に尾状突起が有りません
ナガサキアゲハのようです
♀は白く見えるという事なので此れは♂でしょう
 
名前は知っていましたがきょう、初めて確認しました。
 

 
ナミアゲハとツーショット
此れだけ大きさが違います
大きなチョウチョでした。
 
 
 
 
 

アブラゼミと?死骸


 
なんでセミごとき続けてやらにゃならんかなぁ、、、
↑これは、アブラゼミですね
全体の茶色の体は良く目立ちます
 

 
↑こちらは、、、今朝お星様になったばかりのセミ
体が黒く翅が透けて見えるのが特徴ですね
私は此れがクマゼミだと想っていたのですが、、、
 

 
其処で昨夜の画像
翅筋の緑は良く似ていますね
次は翅の模様に注目、
翅筋の緑色は同じですが翅が透けてなく縁側の白い模様も一枚目と同じです
 
さて、この最後のセミはクマゼミアブラゼミ??
どちらでしょう???
 
 

セミの羽化


 
セミが羽化していました
街灯の照らす薄暗い中、この色はアブラゼミ?クマゼミ??
 

 
どちらか良く見えませんが
明日になれば
ガシガシ、ジージー煩く悩ませてくれる事でしょう
その前に叩き潰してやりたいです
 
 
 
 

赤花フウラン


 
やっと開いた赤花フウラン
小さな実生苗を買ってもうどれくらい経っただろう?
 

 
赤花と言える程紅くは無いけど、仕方ないかな、、
花を見て買ったんじゃ無し
紅い花が咲くと良いなあ~、の願望の結果だから
 
 
 

一口どうぞ


 
お一つどうぞ
今年のは美味しいですよ
私は種さえあ有れば満足です
 

 
夜中に撮った写真みたいですね
硬いので剪定鋏で周りを切り取ります
 

 
種の周りを切り取った
 

 
中から薄い皮を被った種が
右へ伸びてるのは殻を通じて枝に繋がっていたのでしょう
 

 
上から殻、左が種、右は種を包んでる薄皮です
 

 
水に濡らしたティッシュに包んで発根を待ちます
だから三度目の挑戦です。
三回ほぼ同じ更新、、、


 
 
 
 

懲りないなぁ私も


 
昨日スーパーに行ったらメキシコ産のマンゴーが目に留まった
良く熟してる、三度目、種からの芽だしに挑戦です。
 
 

 
40年ぶりに映画を見に行って来た
「だからなんなのさ?」、、、生駒の麓から
「くだらん」、、、悲境から、、、
 
 
いや、たったそれだけの事なんだけどね
全座席指定
大きなスクリーンに驚いただけだよ
 

 
老人は1000円なんだって
ネットで予約すると100円引
 
 

top

  いらっしゃいませ   ご訪問ありがとうございます   何も無いブログですがごゆっくりどうぞ   足跡なりと残して頂ければ嬉しいです   コメントを残して頂いた処へは   後日訪問させて頂きます。

睡蓮のその後


 
今月7日、雨だったでしょうか?
それとも水を撒いたか葉の上は水溜り(?)が
茶色の葉は新しく出た葉、全部で10枚
 
 

 
きょうの様子
十日間でこんなに葉が殖えました
新しい葉は古葉よりも二倍も大きい
 
 

 
水中の事なので綺麗には撮れませんが
芯に何やら白い塊
 

 
カメラのレンズ部分が写りこんでいますが
その下に茶色の奇妙な生き物の姿が
ミミズのようにも見えますがミミズではなさそう
他にも小さな巻貝が殖えて来てます
、、、
 
何時になったら花が見れるやら、、、です。
 
 
 

百日紅


 
焼け付くような暑い日になりました
隣の庭ではさらに暑苦しい花が咲いていました。
 
 

富貴蘭 朝日殿


 
数少ない富貴蘭が咲いてきました
白花のハズですが花びらの先に爪紅が指しています
 

 
短く丸い葉(豆葉)が特徴の玉金剛
距(キョ)の短いのも、もう一つの特徴
 

 
前にボトルから出したナゴランにはこんな苗も、、、
残った二枚の葉もシワになってきました
「全部が大きく育つ」とは思っていないのでこれがその一つかな?
 
 

小さな花

そう云えば昔、小さな赤い花、と云う小説があったなぁ
これは白い花だけど、なんて可哀そうな名前をつけられたのだろうと嘆く人も多い

 
アリが来て蜜を探していました
この花の媒虫はアリなのかな??
 
 

クロアゲハ


 
昨年から追い続けていたクロ系アゲハチョウ
やっと撮る事が出来ました
珍しいチョウではないのですが何故か撮れなかった
 

 
カラスアゲハかクロアゲハか何れか定かでは無いのですが
ヤブガラシの蜜を吸っていたのでメスだろうと思います
 
mokoさんからオスだと教えて頂きました
後翅に白い模様が見える、、、と
 
 
 

やっぱり暑いかも


 
プラスチックのタライでは暑くなる
とのご意見を頂き発泡の容器に入れてみました
葉の痛みが激しいかな?
 

 
もの凄く葉の成長は早い
痛みも早い、、
左上の傷んだ葉は除去。次の葉も痛みが出てます
代わりに下に新しい葉がきょう午後にも浮き上がって来そうな勢い
、、、
、、、
二つあった蕾は腐ったようです
水温が上がりすぎるのかな?
 
 
 
 

飛び立ちました

と、言うか無理に逃がしたんですけど
やっぱりコンデジでは飛び出したチョウは追えません
 

ゴマダラチョウの給餌


ゴマダラ給餌.wmv
綿花に止まって浸み込ませたポカリスエットを吸っていました。
 
 

先日のゴマダラチョウの幼虫 羽化しました

今年二匹目の羽化
風通しの悪い場所らしく翅が乾きません
 

フウラン開花


 
やっとフウランが咲きました
富貴蘭、雪山だったかな?札落ちではないけど確認して居ない
まだこの一本だけなんですが
 

 
富貴蘭、金婁郭
この色で白花なんですね
ピンクが咲いても良さそうな色なんですが
 

 
赤花同士の交配実生苗
これは赤い花が期待出来る
けどフウランの場合は他の花のように鮮やかな色ではないんですよね
薄くくすんだ色の花が多いように思います
今月末頃には咲くでしょうか
 

プロフィール

としちゃん

Author:としちゃん
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

カウンター

最新記事

最新コメント

アルバム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。