05
1
4
5
8
11
15
17
18
19
22
23
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大文字草 開花


 
随分早い開花だと思いますが大文字草が一輪咲きました
誰だ?栽培者と同じで死に急ぎだと云う輩は??
ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草
後ろは同じ科のユキノシタ
花の大きさは随分違います
 

ラベル付き
 
スポンサーサイト

金冠日食 曇り空で残念でした、、、


 
折角のショーも厚い雲のせいで台無し
でも雰囲気は味わう事が出来ましたね
 

 
もう少し、、
 

 
早く早く、、、
 

 
やった~
 

あ~あ 早くも終わっちゃった
何も用意してなかったのですが雲のおかげて肉眼で直接見る事ができました
準備してたらもっと綺麗な日食が撮れたんでしょうね
 
 
 
オマケ

 
日食が終わって晴れた頃にはこんな画像が、、、
 
 
 

ゆきのした


 
今年もユキノシタが咲きました
白いイメージが在ったのですが今年の花は紅い?
でも他所から来た青葉だけ
田舎から持って来た赤葉の雪ノ下は何年経っても咲きません
 
 
種を落とし、ランナーを伸ばして凄い繁殖力
今年も何十本抜いて捨てた事か
 

コゲラの巣造り 5月19日


 
この姿を見つけてから何日か過ぎましたが
まだ新居は出来ていないようですね
きょうの作業は室内の拡張のようでしきりに木屑を撒き散らしていました
画像を拡大してください。
辺り一杯に木屑が散っているのが分かります
奥の木屑を咥えて此の位置で吐き出しているようですね
 
コゲラが穴の中に入ってもまだ尾羽の先が見える程度
新居完成はもう少し先なんでしょうか?
 
 

アサマイチモンジ


 
スイカズラの葉を餌として育つアサマイチモンジ
楠の花が咲いてその蜜を吸っているようです
 

 
この場所で見れるイチモンジチョウはこのアサマイチモンジだけ
棲み分けているとは聞いていないのですが
 

 
近過ぎ
追うと逃げる蝶ですが近づいて来る事も
片手が届く距離
思わず仰け反ってピントを合わせました。
 
 

スイカズラ


 
スイカズラ
スイカズラ科スイカズラ属常緑つる性
 

 
浅間一文字蝶の餌となる草。
 

交尾


 
遥か頭上、楠の枝に黒い物がある?と覗いてみると
交尾中のナガサキアゲハ
農家の方は困るでしょうけど沢山卵を産んで
もっともっと増えて欲しい
 
 

 
ミカンの蜜を吸うクロアゲハ
金網の向こうで影が写り込んでしまいました
沢山は見れないけど生態を知ってから
日に一度から二度見る事が出来るようになりました。
 

バタバタ


 
 

 
 

 
 

 
す~い。
 

ひばり


 
今日は3羽で行動していました
どう云った構成なんでしょう
 

 
恐ろしい顔をして近づいてくる
まさか恐喝されないだろうけど
 

 
横顔は優しそうだけど、、、ねぇ
 
 

センダン


 
やっとセンダンの花が咲きました
今年はヒヨドリが少なくてまだ実が残っていますね
一匹のアゲハチョウが蜜を吸いに来ていました
 

 
オスが交尾に来たのですがすでにお相手は決まっていたのか無視されました。
(見た目では中々雌雄は分かりませんが行動で分かりますね)
 

 
栴檀は双葉より芳(かんば)し、の諺でよく知られますが
それはセンダンではなくビャクダン(白檀)の事を指すようですね。
 
 
 

ナガサキアゲハ その2 ♀

黒いアゲハチョウを撮って機嫌良く歩いていると更に次の蝶

 
後翅の白い模様からメスと分かるナガサキアゲハ
此方は産卵に余念がありません
此処にオスもやって来たのですが無視でした
 

 
この一枚も色の調整を行いました
翅はボロボロだけど私には中々撮れない一枚だったので
 

 
やっぱり暖かくて活発な午後よりも涼しい午前中が良い写真が撮れるのかな?
地主さんが居たら卵か幼虫をお願いする所だけど
諦めて帰りました、今度行った時に居れば、、、
 

ナガサキアゲハ


 
今朝は少し早めに家を出ました
と、行っても9時少し前、あちこち覗いてると
ナガサキアゲハ、オス
撮ってる時にはクロアゲハだと思ったのですが
帰ってPCに移して見るとナガサキアゲハですねぇ
ナガサキアゲハはシーボルトが長崎で最初に採集し命名したとされる
 
 

 
この一枚は逆光でシルエットとなってしまい色の調整をしました
上手く出せませんねぇ
 
 

 
何時も正午から午後にかけて散歩してたのですが
午前中が産卵シーンがよく見えると聞き早めに家を出ました
オスで産卵はありませんがミカンの蜜を吸う姿が見れました。
見下ろす形で撮れたので良い色が出ましたね
 
 

新居建築中です。


 
夕方の散歩、何処かでキツツキの木を叩く音が
見上げると一羽のコゲラ
餌を探してるのかと思えば、、、
 

 
首を突っ込んで探してますねえ、、
 

 
え??

 

 
あ~入っちゃった
巣作りをしてたようです


頭上5~6mの高い処
巣の中は見えませんがこのまま営巣してくれれば
其の内可愛いヒナが、
生まれるといいなあ。


 
 

おぞましい光景


 
落葉の秋を思わせる一本のウバメガシ
此処で何度も鶯を撮りエナガ、コゲラ、シジュウガラなど
絶好のポイント
 

 
二日前、10日にはまだ葉も青く茂ってたんですよね
これはクヌギです。
 

 
きょうの夕方
はぁ~~
 

 
犯人はこいつ
オオトビモンシャチホコ(蛾)
葉を食い尽くして大移動
道路には車に挽かれた屍骸が数百、、、
これは流石に見たくない、見せたくない。
 
 
 

サトキマダラヒカゲ、、、かなぁ?


 
蝶専門のmokoさんに教えて頂きました
どちらもサトキマダラヒカゲだと云う事です
お騒がせいたしました。
 
昨日のヤマキマダラヒカゲにそっくりだけど
キマダラヒカゲは此の時期に発生するとの事
それで急に沢山見えるようになったのでしょう、今日は7頭以上の
キマダラヒカゲが飛んでいました
さて?

 
サトキマダラヒカゲは四角の中の紋、黒い部分が少なく黄色の部分が多い
此れだけではなんとも言えませんね
 

こうして見ました、どうでしょうか?
更に、印を忘れましたが、頭の後ろに在る3つの紋様
左はほぼ一直線に在るのに対し右は「く」の字型になっています
この辺りが比較の対象だと言います
 
 

きょうはアサマイチモンジも出ていました

 

セッコク


 
今年も鉢植えのセッコクが咲きました
水を遣る以外なんの世話もしないのですが毎年咲いてくれます
 

蕾には薄いピンク色が
でも開いたら白花なんですね
 
 

ヤマキマダラヒカゲチョウ②


 
先日のキマダラヒカゲ
縄張りとしたようで今日も同じ場所に陣取っていました
 
 

 
留まると翅を閉じて表の模様は見れません
飛んで居る処を狙ってみました
、、、、イマイチですが
こうして仲良く飛んで居るように見えますが
実は縄張り争いをしてるようですね
オス同士がこうして牽制し合う姿は雌雄の良く分かるツマグロヒョウモンで
何度も見ています
面白いのは似た色の物
枯葉を傍に落とすとそれに向かって突進して行く姿が見れます
 
 

 
若いカメラマンと違ってじじいの動作は緩慢
中々ピントが合いません
もたもたしてる内にカメラのアングルから外れてしまいます
 
 

 
綺麗な模様は見れませんが雰囲気は分かるかと、、、
 
 

 
 
留まった写真以外真ん中に来る筈もなく
トリミングしてやっと、、、です。
 

給水?吸蜜??


 
羽化不全のゴマダラチョウはネットの中へ
とりあえず餌の容器に止まらせました
下のは先客
 

 
早速蜜を吸っているようです
下のは黒い口吻、ゴマダラチョウは黄色の口吻??
嘴の黄色いヒヨっ子とはこの事???
 

 
ネット越しの撮影
此方も口吻を伸ばして吸っています
大抵の方はポカリスエットを薄めてやると仰いますが
私は市販の蜂蜜を薄めてやっています
 

羽化不全


 
4月28日に蛹となったゴマダラチョウ
本日朝、羽化を始めていました
蛹から9日目の羽化ですね
 

 
ケース越の撮影 マクロ照明が写りこんでしまいました
 

 
なんか何時もと違ってガサガサしています
暫く右往左往


良く見ると翅が抜け出していません
抜け殻から外してやりました
 

 
綺麗な翅で安心


 
 

 
と、思ったのですがひっ掛かって居たのはこちら側
やっぱりダメージが大きいですね
これでは上手く飛ぶ事が出来ないでしょう
今年は不運が続きます


 
 

久しぶりにラン


 
本来なら昨年の今頃ビンから出していなければならないセッコク
チョウチョに現を抜かして見捨てていました
ナゴランも同じく放って置いたので成長が止まり
養分不足でしわしわになっています
 

 
向こう側がナゴラン、手前5鉢がセッコク
湿度ほぼ100%のビンから出したのでこのままでは
葉が乾燥してすぐに枯れてしまいます
順化と言って自然に慣らす事が必要です
ラップなどで上部を被い湿度を高めます
一ヶ月から二ヶ月かけて序々に慣らして行きます
 

 
昨年蒔いた種も発芽して芽らしき物が見えて来ました
此れは洋ラン デンドロビュームだったかな?
セッコクと二種種まきしました。
 
 

 
種を落とし過ぎて団子状態
此方は斑入り薄い赤色(薄いとピンクでしょうか?)
葉に綺麗な紅の入る紅い花のセッコクですが
実生には斑は入らない事が多いのですが此れはどうなるでしょう
もう少し大きくなると移植が必要になります
 
蝶の尻を追って居てはまたどうでも良くなってしまいそうです。
 

アカバナユウゲショウ


 
近くの空き地で咲いていました
アカバナ科マツヨイグサ属
 

 
花びらが4枚、メシベの先も四つに割れているのですね
何となく好きな花です。
 
 
 
 
 
 

キマダラヒカゲ


 
今朝は少し早く出かけました
おかげで始めての蝶に逢いました
この蝶は非常に良く似た二種があり紋の大きさで違いを比べるといいますが
???
 

 
良くわかりませんがヤマキマダラヒカゲのようですね
僅かに60cm先
大きく撮れました
初めはサトキマダラかと思ったのですが
後翅下から4番目5番目の模様の違いを調べると云います
黒の部分が大きいので(ヤマ)のようですね
 

 
ナガサキアゲハの飛翔
今年初めて出会いました
逆光で巧く撮れませんねぇ
 

 
白い模様が在るので雌ですね
 
 

 
こちらはクロアゲハ雌だろうと
今年は三度目の出会いでやっと撮る事が出来ました
設定を間違って暗く撮ってしまったので明るく修正しています。
 
 

運命


 
羽化直後、いや羽化時かな?
蛹が割れて蝶に変身、その瞬間
蛹の殻に捕まる力が無かったのか手(足?)が滑ったのか落下してしまいました
お腹には翅に送る体液がぎっしり詰まって重い体
床から10cmほどの高さですが
衝撃でお腹が破裂、体液が流れ出てしまいました。
 

 
翅を伸ばす体液も力も無く無残な姿
人なら内臓破裂と行った処でしょうか
翌日まで息はしてたけど逝ってしまいました
 
 

 
此方は長い冬を耐え抜きやっと蛹へ変身の時
右上の子は二日前にすでに蛹へと
 

 
え!?
 

 
枝への体の固定がしっかり出来ていなかったようで落下してしまいました
丁度写真を撮っていた矢先
これは床上15cm位だったでしょうか
台の上に置いていたので二段になりますが、
一段目から更に下へ落ちる瞬間には受け止めました、、、が
 

 
これも脱皮直後の柔かい柔かい肌
傷ついてしまいました
 

 
枝にはマスクだけが残っています
 
 

 
もう羽化するかと待っていたナミアゲハの蛹
なんと、中から蜂が出て来ました
 

時間に注目、
次から次へと出て来るのです
 
 

 
此れが最初撮った一枚
総勢30匹以上は出てきたようです
多くは逃げられてしまったけど殺虫剤で始末しました
こいつらの性で一体何匹のチョウチョが犠牲になるやら、、、
 
 

 
此の子はまだ良い方でしょうか
昨日の強風の中ベランダの何処かで生まれたようです
昨年は幼虫に何匹も逃げられていたので
その内の一匹でしょう
風に煽られて落ちたのか翅が伸びきっていません
到底飛ぶ事など無理な体
ネットの中に保護したのですが何時まで生きられるか、、、
 
何とも不憫な子達でした。
 

メダカが生まれた?


めだかの卵を入手しました
直径1,5mm程度の小さな卵、イクラなら大きくて見やすいのに、、、
 

 
コンデジを持ち出してアップで撮るも、、
ボケますねえ、益々老人ボケが酷くなるように写真のボケも佳境に、、、
???

 
生まれて泳いでるのを見つけるって嬉しいよね?
 

 
生まれたてって透き通ってるんですね
此れをたくさん集めてシラスの踊り食い???
何万匹要るんだろ???
 

お腹に紅い点が?
紅一点って落ちは無しでなんでしょうね??
 

日本桜草展(小)


 
以前の大仙公園で日本桜草の展示をしていました
この花は裏表同じ色ですね
 

 
名前がなんとなく、、、ね?
分かる人には分かるだろうけど、、、
 

 
少し前私がHCで買ったのと同じですね
萎れたような咲き方で何でだろう?と悩んでいましたが
専門家も同じ花を咲かせているので安心しました。
 

 
これは真っ赤ですねぇ
少し小型の花のような
 

 
銘は「初日の出」とありますね
小さくてもこんな色なら作ってみたいなあ
 

 
大輪で絞り咲き?
 

 
同じ鉢に植えられて色は随分違いますが花びらの形は同じですね
これが一番気になりました
右の花なら育ててみたいけど、、、
高いんでしょうねぇ、、、
 
4月25日の事でした。
 

トラフシジミ


 
小さくて蛾かな?と思う程でした
クズや藤、ウツギなどを食草として全国に生息?
の、割りには初めての出会いでした
風の強い中、僅か5枚の写真
ピントを合わせる暇も無く飛び去りました
 
やっとPCが直りました
またボチボチと遣って行きますので宜しくお願いします。
 
 
 
 

プロフィール

としちゃん

Author:としちゃん
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

カウンター

最新記事

最新コメント

アルバム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。