11
2
4
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
20
21
22
24
27
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメアカタテハ

ヒメアカ巣3

   賞味期限が切れそう、、、 
      以前ヒメアカの幼虫を見つけた処
         農地の端に生えたゼニアオイの群生地


ヒメアカ巣1

   葉の縁を寄せ集めて巾着袋?
      中を覗くと???


ヒメアカ巣2

   真っ黒なケムシ
      体を丸めて隠れています 
         扉をこじ開けて覗きたいのは山々ですが
   この寒い時期に窓を開けるのは可哀そう
      そっとして置きましょう


ヒメアカ10-21

   生まれたらこんなチョウチョに成るんですね
       これは10月末の写真です。







スポンサーサイト

黄色のチョウチョ

キチョウ11-25a

   昨日の写真から
      センダングサで吸蜜するキタキチョウ


モンキチョウ11-25

   こちらはモンキチョウ
      良く似ていますね、違いは後翅に有る茶色の丸い紋かな?


ヨモギの隠れ家

   枯れかけたヨモギ、、、
      これが曲者ですね


キタキチョウ1

   大きくして見ると、、、
      こんな処にキチョウが隠れています
         まだ冬眠には早いので暖かい日には出てきて飛び回るのでしょう
   こちらはキタキチョウだと思うので成虫越冬すると思います。

小春日和

ヤマト11-25a

   暖かい穏やかな日でしたね
      コンクリートの上で翅を広げるヤマトシジミ
         露出が少し暗かったかな?


イチモンジ11-25

   あざみの花ではイチモンジセセリがお食事中
      何時までこんな光景が見られるかな?



越中富山から嬉しい贈り物

    富山の人妻とし坊とは10年近い付き合い
        そのとし坊から小さな芽が届いた、、、


雪割小桜1

  八重咲きの雪割小桜だという
雪割小桜(ユキワリコザクラ)はサクラソウ科サクラソウ属の多年草である。
北方領土を含む北海道から本州の東北地方にかけて分布する、、、らしい


雪割小桜2

 早速植え込んで見た
    根に着いていた土を見ると鹿沼土が主体らしい
       早春に雪を割って咲く雪割小桜
           どんな可愛い花が咲くのでしょう
              楽しみ~

日本桜草 実生苗 11-18

桜草11-18a

   桜草の実生苗 気温が低くなって葉の勢いもなく黄ばんで来ました

桜草11-18b

   やっぱりどうなって居るのか気になる所、、、
      植え替えてみようかな、、、


桜草11-18c

  まだ根も多くないです
   管理が悪かったかなあ、、


桜草11-18d

   芽もまだ小さい 此れでは来春の花は無理かな?

芸術の秋?

  キタテハの育つカナムグラの横を通っていると
     可愛い(???)壷がぶら下がっていました?


卵嚢1

   普段は見ないような壷ですね

卵嚢2

    つい覗き込みたくなるのは好奇心旺盛な少年の性?

女郎蜘蛛11-18

   少し横にこ~~んな奴が 
       虫のな お嬢様(?)方 済みません


 虫記者さんから教えて頂きました
 ナガコガネグモの卵だと云う事です。




ウラナミシジミ

ウラナミ幼虫11-18a

  何時だったかウラナミシジミが産卵していた萩
      蝶の姿はありませんが其処には一匹の幼虫
 


ウラナミ幼虫11-18b

  萩の蕾に食いついています
    もう蕾も疎ら 蕾のたくさん有る枝までは遠い道のり
       生きて行くのは人も虫も大変です

 その傍では?


ウラナミ幼虫11-18え

  何やら蕾を引き寄せて巣造り    何でしょうね?

ウラナミ幼虫11-18d

  蛾の幼虫でした、 蛾、と云うだけで可愛くないですね
     どうしてなんでしょう??


コスモスの花

ヒメアカ11-18a

 コスモスの妖精? 
   

ツマグロ♂11-18

  この時期、少しの陽射しが在るとチョウが姿を見せます
     きょうも午前中は曇り空、足取りも重かったのですが
          幾匹かのチョウに逢えました 


イチモンジセセリ11-18

  少しの花に引き寄せられるようにしてイチモンジセセリ

ヤマト♀11-18

  ヤマトは元気ですね でももう身も心もボロボロ、、、

ヤマト♂11-18

 傍にはオス
  こちらも傷ついています。

寒いだろうなぁ

ツマグロ幼虫1

 数日前に蛹になったツマグロヒョウモン 
     今朝の大阪は7度 無事に成虫になれるんだろうか?


ツマグロ幼虫3

  こんな処に何やら光る物?

ツマグロ幼虫2

 ここにもツマグロの蛹 
     オオイヌノフグリでしょうか?草陰で羽化の時を待ってるんですね


ツマグロ幼虫4

当然のようにまだ小さな幼虫
    こんな幼虫は寒い冬をどうやって過ごすんでしょう
         落ち葉も無く行く末が心配です


ツマグロ幼虫6

  ここには大きな幼虫
     何時までスミレが有るか、、、蛹に成れるか
         微妙な所でしょうね 





メジロ

きょうはなんかすっきりしない日ですね
     花も無くチョウチョの訪問も無く
         チョッと嬉しい事は小鳥の訪問がありました。


目白11-9

隣の庭木から家の庭に来る直前のメジロ
     残念な事に我が庭での写真が撮れません


ウインターコスモス

昨年末買ったウインターコスモス
    枯れる事も無く僅かながら花を咲かせました。



正体不明

蛾?1

 変ったチョウが居るなと思ったら蛾でした

蛾?2

 アゴが長い?
    腕が丁度アゴの部分に来てそんな風に見えるようですね


蛾?3

 調べて見たけど何か特定出来ませんでした


                 お口直しに


ヒメアカ11-3a

     セイタカアワダチソウで吸蜜するヒメアカタテハ

ヤマト♂b11-3

  太陽に翅を広げるヤマトシジミ♂


こげら

きょうは先日のバンを探して行ったのですが
    肝心のバンは居ませんでした


コゲラ11-3b

頭上にギイギイ鳴く声
    声の方向を見るとコゲラ 


コゲラ11-3c


やっぱり二羽で行動を供にしていました
     夫婦かな


コゲラ11-3d

どういう訳か僅か2m先
   腕の無さが悔しい、、、


コゲラ11-3a

ヒメアカタテハ

今年は小鳥もチョウチョも少なかったのかな?
   蝶の幼虫も産卵シーンも見る機会は無かった
そんな中、ゼニアオイの葉には?


ヒメアカ幼虫10-31a


    如何にも怖そうな毛虫
体を丸めて身を守っています


ヒメアカ幼虫10-31b

こちらは悠々と背伸び
  まだ終齢さんではないのかな
寒くなってきたのでこの子たちも辛いでしょうね


ヒメアカたては10-31

近くにはヒメアカの成虫
    この蝶がお母さんなのかお父さんなのか、私には分かりません。

水鳥

きょうは水溜り?に鴨が来ていました

鴨10-31bFC

鴨のようですが?
マルガモでしょうか


鴨10-31aFC

    思いっきり羽を広げてダイサービスです


  もう一羽はと云うと


FC1.jpg

    嘴が赤い?
   バンでしょうか??


バン10-31cFC

   此れもこんなポーズを決めてくれました






プロフィール

としちゃん

Author:としちゃん
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

カウンター

最新記事

最新コメント

アルバム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。